ゆらし療法とは

つらい膝のケア方法

ひざの専門家の西山です!

痛みのある部分を冷やせばいいのか?

温めればいいのか?

どっちかな· · ·

 

正解は、

温めるのが良いです!

なぜかというと、

温める事で、筋肉がほぐれて血流が上がり、

からだの回復が起こりやすくなります。

では、なぜ冷やしてはダメなんでしょうか?

 

冷やすと、からだが緊張して、

筋肉がキュッと縮まってしまいます。

感覚的には、気持ちいいと思っちゃいます。

しかし、脳では、「強い刺激だな」

と認識してしまい悪影響になります!

冷やすより温める

 

ただ、例外はあります。

それは、内出血とスポーツの痛みの場合です。

 

内出血とは、体内の血管が破れて出血してしまうことです。

 

内出血になっても、コールドスプレーで

冷やす必要はありません。

なぜかというと、

鼻血が出ても、時間が経てば自然と固まって止まります!内出血も同じ原理ですね。

おすすめは、

水道水で冷やしたタオルで1時間ほど冷やして下さい。それだけで十分です。

血は固まります!

長時間、過剰に冷やすと、からだの回復に影響を及ぼす可能性があります。

あと、スポーツの時の痛みの場合。

 

もし、痛みを出したままスポーツをすると、
結果を出すのが難しくなったり、
楽しめなかったりします。
そういう時は、とりあえず冷やして下さい。

 

冷やす事で、からだをごまかして、
痛みを出しにくくします。

 

ただ、からだにとっては、良くはないので、
出来るだけしないようにして下さいね!

営業時間 9:00~19:00 
定休日 日・祝日

住所 岡山県倉敷市連島中央2丁目5-17

営業時間 日・祝
9時~19時 ×

お電話でのお問い合わせはこちら

電話番号:086-454-6753

 

免責事項:
このHPに書かれている内容は、あくまでもお客様個人の結果であり、決して万人に効果を保証するものではないことを明記させていただきます。
当院は症状を改善することを目的とした施術を行うものであり。お客様に必ず「完治・治癒・治す」というお約束は法律上できないと明記させていただきます。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。