無痛ゆらし療法とは

オスグッド病(成長痛)

オスグッド病について

痛みと見た目は?

初めは少し気になる程度ですが、症状が悪化すると膝に強い痛みがでます。

オスグッド・成長痛とか、スポーツ障害と呼ばれることがあります。

膝のお皿の下の骨がボコッと飛び出てきて、見た目にも良いとは言えません。

なりやすい競技

  • サッカー
  • バスケット
  • 野球
  • ダンス
  • 陸上

年齢層

小学校高学年から中学生の成長期に発症することが多い。

正常な膝とオスグッド(成長痛)

オスグッド病の一般的な原因

男女には差がなく、選手の能力とも関係がないのが特徴で、運動負荷ということが原因になるより、カラダの成長が原因となるものとして知られています。

子供のランニング風景

オスグッド病の症状

膝の骨には高く盛り上がる部分があって、膝蓋靭帯が付いていますが、ジャンプやボールを蹴る運動で過剰な負荷が掛かり剥離を起こすことで痛みが出ます。 

オスグッド(成長痛)は成長期が終わるまでは我慢するしかなく、痛みを感じたらすぐに運動を中止して休ませることが一般的です。

最近では、オスグッド(成長痛)の理解も進み、少年スポーツの現場では無理をさせないということが常識になっています。

子どもにとっては痛みを隠して頑張ってしまう場合もあるので注意が必要です。

サポーターを着けて運動をさせる例もありますが、痛みはオスグッド(成長痛)のひとつですので、痛みを和らげてあげることが一番の方法です。


オスグッド病は成長痛ではない

ジャンプする子どもたち

結論から言えば、オスグッドは「成長痛」ではないんです。

「オスグッドは成長痛だから、成長が止まるまで治らない」「スポーツはあきらめて下さい」と言われた事はないですか?

一般的な考えでは、そう信じられています。

もし、オスグッドが成長痛なら、同じ世代の子供や同じチームメイトの子供が全て発症しないのは、おかしいですよね。

なぜか『痛みのある子』『痛みがない子』に分かれるんでしょうか?

また、大人になってもオスグッド(成長痛)が治らずに悩んでいる方もいらっしゃいます。

「オスグッドは成長痛」「成長が止まったら治る」と言われる人の説明は、根拠のないものであると言えます。 


オスグッド病の西洋医学的な治療

オスグッドバンド

何度も、治療院に通っているのに、思うような改善が見られないのは、つらいですよね。

西洋医学ではこのような治療があります。

 

 

  • オスグッドバンド・サポーター
  • アイシング(冷やす)
  • 湿布
  • 電気治療
  • 強いマッサージ・指圧
  • 痛み止め
  • 筋トレ
  • 手術 

ゆらし療法院ステップの整体を受けられた方♪口コミの感想です。

オスグッド(成長痛)のお客様
オスグッド(成長痛)回復の声

※施術効果は個人差が有ります。

オスグッド(成長痛)のお客様
オスグッド(成長痛)の感想

※施術効果は個人差が有ります。

オスグッド(成長痛)のお客様
オスグッド(成長痛)の感想

※施術効果は個人差が有ります。

ゆらし療法院ステップでは

整体している院長

オスグッド(成長痛)の痛み原因は、筋肉の疲れです。

日々の疲労によって前脚、膝まわりの筋肉のコリが解けなくなり、膝が常に圧迫されたような形になってしまいます。

そうなると、屈伸の時にズレを引き起こすことで痛んだり、靭帯が骨に押されて裂けてしまい、痛みがでます。

大人になるまで待たなくても、きちんと筋肉のコリを解消することで、痛み無く運動を行うことができます。

信じられないかもしれませんが、オスグッド(成長痛)の症状の原因を見つけて、適切な対処をすれば、早期に改善していきます。

最近、発症したケースなら2~3回で改善します。個人差はありますが、5~6回の施術でほぼ改善されます。

また、自分で簡単にできるセルフケアを説明して早期改善を目指します。

営業時間 9:00~19:00 
定休日 日・祝日

住所 岡山県倉敷市連島中央2丁目5-17

営業時間 日・祝
9時~19時 ×

お電話でのお問い合わせはこちら

電話番号:086-451-3705

 

免責事項:
このHPに書かれている内容は、あくまでもお客様個人の結果であり、決して万人に効果を保証するものではないことを明記させていただきます。
当院は症状を改善することを目的とした施術を行うものであり。お客様に必ず「完治・治癒・治す」というお約束は法律上できないと明記させていただきます。

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。